時間をかければかけるほど美味しくないものができる

料理教室に通っていたにも関わらず、料理が美味しく出来ません。

料理は嫌いではないのですが…。

だから、料理本は意外と人よりも持っている方です。

でも、時間をかけて、凝った料理を作った時ほど、何ともおかしな物が出来てしまうのです。

以前、挑戦した中で鶏ガラスープを自分でとるスープに挑戦しました。

時間をかけて弱火でじっくりだしをとると絶品とあったので、何時間もかけて丁寧に料理しました。

それなのに…。

丸1日かけて、出来たスープ。

本当ならキレイな透明のものが出来るはずが、何だか濁っています。

そして、飲んでみると、味は物足りないのに生臭さがしっかり。

結局、1日を無駄にした上、そのスープに市販のスープの素をたっぷり。

そのレシピの料理本にイライラ感が募りました。

恐らく、自分が何かを間違えてるんだとは思いますが…。

また、カレーを調味料から調合して作ってみた時もそうです。

色々な香辛料などを買い揃え、自家製のカレーにチャレンジ。

ところが、出来てみるとやはり変な味に。

変な香りと味で全く食べる事が出来るような状態ではありませんでした。

買い揃えた香辛料も、その後は出番なく終わっています。

もちろん、家族に出す事も出来ませんでした。

他にも色々な物に挑戦しましたが、時間をかけて、手間暇がかかるものは特に失敗してしまうのです。

作る前の期待度が高いので、余計に出来上がりのイライラは大きくなります。

どうして、レシピ本通りに作っているのに、別物ができるのか納得出来ません。

家族にも手間がかからない料理やインスタントがいいと希望されます。

そんな言葉を聞くと、イラっとする気持ちが更に増してしまいます。

ただ、そんな事があっても、また凝った料理に挑戦したいと気持ちはなくならないので不思議です。

自分にあった料理教室を探して「通う」ことが楽しくなればもっと違ってくるのかなと思いました。
料理教室@東京で初心者にもおすすめな人気教室はどこ?
いまこちらで検討中です。

野菜を切っているとイライラ!完成した料理が美味しくない

私は料理が苦手なので自己流で作ってしまうことがあり、家族から「美味しくない」と文句を言われてしまいます。だから最近は料理のレシピサイトや料理本などを見ながら毎日なんとか作っています。

しかし料理本を見ながら・・ということが本当にイライラします。面倒臭いんです。調味料の量を毎回測ること、料理の手順を見ていると、「あー面倒だ!」とイライラしてきます。

しかしここで分量をしっかりと測らないで目分量で作ってしまうと、料理は失敗してしまいます。どうしてこんなに料理が苦手なんだろうって悲しくなりますね。

夫と子供がいるので料理を作るのは私だけですし、家族の健康のためにもバランスのとれた美味しい料理を作ってあげたい気持ちはいっぱいあるのですが、料理中はイライラが止まりません。

家政婦さんを雇って料理を作って欲しいと思ってしまいますが、うちはお金持ちじゃありません。私が作るしかないです。料理好きのママ友や友人を見たら、私ってだめ主婦だなぁとますます落ち込みイライラしてしまいます。

また、私がイライラするのは材料を切ることですね。すごく不器用なので包丁が苦手なんです。指を切ってしまったことは何度もあります。野菜などを切っている時にだんだんイライラしてきて、細かく切らなくてはいけないのに大きく切ってしまって終了・・ということがよくあります。当然出来上がった料理はおいしくないんですよね。

どうしてあの時しっかりと小さく切らなかったんだろうって後で必ず後悔しますが、野菜を切っている時はイライラして大雑把になってしまいます。煮込み料理なども苦手です。40分間に煮込むと料理本に書いているので待っていたら、そのうち忘れてしまって焦がしてしまったことがたくさんあります。いつの日か料理好きになりたいです。

調理中・調理後の手につく匂いや部屋の匂い

食べるのは大好きな魚介類ですが、魚でも、イカでも、下処理で生臭い匂いが手につくのが、凄く嫌です。手洗い一回では取れない匂い、晩ご飯後に出かけることはなかなかないですが、気になります。にんにくやネギなどもなかなか匂いが取れませんが、魚介類の生臭さと比べたら、全然我慢できます。下処理した、内臓なども、ビニールに包んで居ても、臭いような気がします。幸いマンションなので、一晩待たずして、ゴミ捨て場に捨てに行きます。また、魚介類の下処理後の、排水口の掃除も大嫌いです。すぐに、ハイターにたよります。また、焼きたてが美味しいので、出来合いを買うなんて考えられませんが、焼き魚を焼いた後のグリルの掃除も嫌です。手間ですが、毎回グリルの網の下にアルミホイルを敷いて、毎回捨てるようにしています。網についた皮や焦げも、すぐに洗わないと気が済みません。

同じくらい嫌なのが、ステーキや焼肉をした時に部屋に充満する、肉の匂いです。窓を全開にして、換気扇も強にしていても、部屋に肉の匂いは残ります。かといって、旦那さんも食べたがるので、肉を焼かないわけにも行きません。

その時飛び散る油も嫌いです。ベタベタのお肉の油は掃除も大変です。

天ぷらやフライなど、揚げものをした後の部屋に油臭い匂いが残るのも嫌いです。コンロ周りや台所の床、換気扇など、天ぷら鍋の周りに飛び散った油も翌日までには、拭き取ってしまわないと気が済みません。背が低いので、換気扇の掃除も大変です。天ぷらは残り油もニオイの原因になるので、すぐに包んで捨ててしまいます。天ぷらは、作って、喜んでくれる人がいるので、やりますが、一人暮らしだと、絶対にしたくない料理の一つです。

炒め物で頻繁に焦げつきとべたつきとが発生します

私は、炒め物がとても苦手です。使う油が多すぎるのか少なすぎるのか、あるいは調味料の水分のせいか、高確率で焦げつきとべたつきとが同時に発生するのです。

たとえば、チャーハンを作っている時です。私は最初に油を敷き、肉などの具材を入れます。そして卵を入れて、ほどよく固まってきたら、ご飯を入れて全体を混ぜ合わせながら炒めます。このように、ごく普通の作り方をしています。

しかし、炒めているうちにご飯がどんどんフライパンにくっついていきます。火加減が強すぎるのかと思って弱めると、今度はご飯がべちゃべちゃの状態になります。そして結果として、おいしくないチャーハンが完成し、焦げたご飯が大量に付着したフライパンが残るのです。

そのようなチャーハンを食べても当然心は満たされませんし、それを文句を言わずに黙々と食べてくれている家族の顔を見るのも正直辛いです。さらに、焦げついたフライパンを後から洗うことも、苦痛でなりません。手は荒れるし、焦げて硬くなったご飯が爪の間に入って血が出ることもあります。

チャーハンだけでなく、焼きそばも同様の状態になります。肉やキャベツを炒めている時は良いのですが、麺を入れると焦げつきとべたつきとが生じるのです。

ごく稀に、パラパラとしたチャーハンや焼きそばが完成することがあります。しかしなぜ成功したのかが分からないので、次に作る時にはやはり、おいしくない状態になります。

油や調味料が原因なのか、火加減が悪いのか、そもそもフライパン自体がおかしいのか、さっぱり分かりません。幸い、家族が耐えることのできるレベルではあるようなので、これからも私は試行錯誤をしながら失敗作を作り続けると思います。ストレスはたまりますが、かといって調理をしないわけにもいかないので、徐々にでも成功の可能性を高めていきたいです。

いつまで経っても時間内に料理が作れた事はない!

料理を作るようになって、私が不快に思うことは沢山あります。まず第一に、私の手際が悪い事です。何と言っても、先にやっておけば良いものに限って後から始めてしまうので、いつも時間が掛かるのです。テレビや雑誌では、よく調理時間が表示されていますが、その通りに終わった事はあまりありません。むしろ、その倍の時間が掛かってしまうので、いつも夕食の準備は早々から始めないと間に合わないのを改善したいです。包丁で切るスピードも遅く、ゆっくりなのを速めたいです。そして、食材を煮込む時間にもイライラします。それなら圧力鍋を使えば良いのかもしれませんが、昔一度、圧力鍋の使い方を誤って火傷をしたのがトラウマで使えません。また、揚げ物などを作る時、粉をまぶすのが嫌いです。絶対に粉が舞うのが鬱陶しいです。前に、袋の中に入れてまぶす方法を試したのですが、何だか粉が付きすぎてる感じがして嫌なのです。

一番嫌なのは、吹きこぼれです。ついつい目を離した隙に、鍋から溢れ出してしまう事があります。火加減を弱めたりという調節が面倒に感じます。こうなってしまうと、当然火は消えてしまい、五徳などが全て汚れます。そうなると、最後にするべき洗い物が増えてしまうのが困ります。料理は楽しく作れるようになったと思うのに、出だしから私は上手く出来ていないので、まだまだ未熟すぎて泣けてきます。料理の要である味付けも、色々な調味料を加減しながら加えるのが苦手です。便利な味付け出来る商品もありますが、それだけを使うと味が濃すぎて美味しくないと言われ困ります。そうなると、やっぱり自分で調節しないといけないので、それがかなり手間です。本当に魔法が使えればと思います。

切る作業が上手にできない、火の加減がわからない

料理をしていて上手くいかず、イライラすることはたくさんあります。これは元々私が不器用であることも影響していると思います。例えば、最近ですと食材を切る時に上手く切れずにイライラしました。ネギはそばや味噌汁などで我が家の場合使う頻度が高いのですが、毎回綺麗には切れません。包丁をとぐとある程度よくなることもありますが、小口切りにするとき繋がってしまい、イライラして結果、ガッカリします。

それから先日ホームパーティーのとき、トマトを綺麗に角切りしなければならなかったのですが、これもなかなか難しかったです。ネギのように繋がるだけではなくトマトは形が崩れました。丸ごと1個トマトを均等な大きさで切りたかったのですが、一度崩れると取り返しがつきません。また、切れても大きさが不ぞろいになることが多く、見た目綺麗ではないのでイライラしました。ホームパーティーの準備ではタマネギをみじん切りする必要もあったのですが、正直私はこちらの作業もとても面倒で好きではありません。細かく切るのにとても時間がかかりますし、それだけならともかく切っていると涙が出てきます。目が痛くてたまらないのでメガネをかけてやってみたこともありますが、効果はありませんでした。タマネギのみじん切りは、なんだか野菜に負けている気がして本当にむかつきます。

料理では他にも食材が上手く焼けずにイライラすることがあります。数日前は魚でムニエルを作ったのですが焦げ目ができないどころか、バラバラになってしまいました。魚の原型をとどめることができなかったのです。こちらのムニエルは自分で作っておいてなんですが、正直食べる気がしませんでした。私は料理において、見た目はかなり大切だと思っています。

同じ分量で作ってるのに毎回味が違う

料理が下手というわけではないと思うのですが、あまり得意ではないのでうまくいかないことやイライラすることはたくさんあります。例えば炒めながら食材や調味料を用意するということが苦手なので、慣れないうちはよくイライラとしていました。いまは慣れたのであまりそのようなことはありませんが、事前に導線を確認したりはしています。

しかし未だにイライラする事があります。それは麺類を茹でているときの吹きこぼれです。特に夏場のそうめんなどは本当によく吹きこぼれますよね。さし水をしていいのかもわかりませんし、弱火にしても吹きこぼれます。麺を茹でている最中はあふれるなよ、あふれるなよとヒヤヒヤしており、ちょっと目を離したすきにこぼれているとがっかりとイライラが止まりません。吹きこぼれ防止のアイテムなどもあるようですが本当に効果があるのか疑問ですし、それらに頼る以前にだれか正しい麺の茹で方を教えてほしいものです。

火に関するものでいえば筑前煮もうまくいかないし苛ついてしまうことがあります。食材や調味料など同じ分量で作っているのに、何故か毎回味が違うのです。食材は多少の差異はあるかもですが調味料はきっちり量っているので、あれは火加減によって変わるのでしょうか。よくわかっていませんが今回はちょっと濃かったな、反対に薄かったかなということが多々あります。あと、水分を飛ばすまで煮込むといったことをするわけですが、それの加減がいまいちわからず毎回困っていますね。一度限界まで水分を飛ばしたほうが良いのかなと思い、ずっと日にかけていたらからっからになって焦げ付いてしまったことがありました。あのときは水分飛ばせっていったじゃないと誰に向けるでもなくムカついたものです。

他にも様々ななことがありますが、苦手意識が強い分、イライラする事も多いのかもしれないなと思っています。

ほとんどの家事は楽しいけど、料理だけは本当に面倒!

40代女性です。

6人家族で暮らしています。

どちらかというと家事はだいたいどれも好きです。

でも、料理だけは本当に面倒だとつくづく思います。

我が家は夫とその両親が農家をしていまして、朝・昼・夜と1日3食必ず自宅で食べます。

まず、この回数が嫌!です。

1日3回ということは、たった10日で30回も食事の準備が必要ってことです。

料理そのものが嫌いというよりも、何回も何回も追われる感じが辛いです。

それから、年代によって食べたいもの・食べられるものが異なるというのが嫌です。

夫の両親は後期高齢者だし、夫と私は40代で、子供たちもいます。

年を取ると、漬物と煮物と魚のセットを食べたがるみたいです。

40代の私たち夫婦は、わりとまんべんなく何でも食べます。

でも子供たちはやっぱり、ハンバーグとかスパゲティとかカレーライスが食べたいわけです。

子供の意見に合わせて「よし、ハンバーグにしよう」と思っても、高齢者はハンバーグを食べたがらないので、結局は年寄り用の煮物と漬物にプラスしてハンバーグを作るという二重苦になってしまいます!

あと、高齢者はわりと胃腸を壊すことがあって、急に食事制限が出ることがあります。

お粥を作ったり、カボチャをトロトロになるまで煮込んだりと、これもまた別メニューとして作ります。

1日3回という、キッチンに立つ回数の多さが嫌だということと、年代によってメニューを変えないといけないという対応が嫌ですね…。

幸い農家なので、お米と野菜は全て自前のものが使えます。

その点だけは重宝しますし、嬉しいです。

でも、子供たちはとにかく肉系とか麺類を食べたがりますので、食費がばかになりません。

洗濯や掃除でこんなに頭を悩ませることはないですよね。

料理って本当にやっかいです。