切る作業が上手にできない、火の加減がわからない

料理をしていて上手くいかず、イライラすることはたくさんあります。これは元々私が不器用であることも影響していると思います。例えば、最近ですと食材を切る時に上手く切れずにイライラしました。ネギはそばや味噌汁などで我が家の場合使う頻度が高いのですが、毎回綺麗には切れません。包丁をとぐとある程度よくなることもありますが、小口切りにするとき繋がってしまい、イライラして結果、ガッカリします。

それから先日ホームパーティーのとき、トマトを綺麗に角切りしなければならなかったのですが、これもなかなか難しかったです。ネギのように繋がるだけではなくトマトは形が崩れました。丸ごと1個トマトを均等な大きさで切りたかったのですが、一度崩れると取り返しがつきません。また、切れても大きさが不ぞろいになることが多く、見た目綺麗ではないのでイライラしました。ホームパーティーの準備ではタマネギをみじん切りする必要もあったのですが、正直私はこちらの作業もとても面倒で好きではありません。細かく切るのにとても時間がかかりますし、それだけならともかく切っていると涙が出てきます。目が痛くてたまらないのでメガネをかけてやってみたこともありますが、効果はありませんでした。タマネギのみじん切りは、なんだか野菜に負けている気がして本当にむかつきます。

料理では他にも食材が上手く焼けずにイライラすることがあります。数日前は魚でムニエルを作ったのですが焦げ目ができないどころか、バラバラになってしまいました。魚の原型をとどめることができなかったのです。こちらのムニエルは自分で作っておいてなんですが、正直食べる気がしませんでした。私は料理において、見た目はかなり大切だと思っています。