調理中・調理後の手につく匂いや部屋の匂い

食べるのは大好きな魚介類ですが、魚でも、イカでも、下処理で生臭い匂いが手につくのが、凄く嫌です。手洗い一回では取れない匂い、晩ご飯後に出かけることはなかなかないですが、気になります。にんにくやネギなどもなかなか匂いが取れませんが、魚介類の生臭さと比べたら、全然我慢できます。下処理した、内臓なども、ビニールに包んで居ても、臭いような気がします。幸いマンションなので、一晩待たずして、ゴミ捨て場に捨てに行きます。また、魚介類の下処理後の、排水口の掃除も大嫌いです。すぐに、ハイターにたよります。また、焼きたてが美味しいので、出来合いを買うなんて考えられませんが、焼き魚を焼いた後のグリルの掃除も嫌です。手間ですが、毎回グリルの網の下にアルミホイルを敷いて、毎回捨てるようにしています。網についた皮や焦げも、すぐに洗わないと気が済みません。

同じくらい嫌なのが、ステーキや焼肉をした時に部屋に充満する、肉の匂いです。窓を全開にして、換気扇も強にしていても、部屋に肉の匂いは残ります。かといって、旦那さんも食べたがるので、肉を焼かないわけにも行きません。

その時飛び散る油も嫌いです。ベタベタのお肉の油は掃除も大変です。

天ぷらやフライなど、揚げものをした後の部屋に油臭い匂いが残るのも嫌いです。コンロ周りや台所の床、換気扇など、天ぷら鍋の周りに飛び散った油も翌日までには、拭き取ってしまわないと気が済みません。背が低いので、換気扇の掃除も大変です。天ぷらは残り油もニオイの原因になるので、すぐに包んで捨ててしまいます。天ぷらは、作って、喜んでくれる人がいるので、やりますが、一人暮らしだと、絶対にしたくない料理の一つです。